2018年02月12日

鉄砲考察(何回目?)

どうも皆さん、おはこんです。
最近気温の変化が激し過ぎて上着がいるのかいらないのか分からなくなる事が多いです…日陰は寒いけど、陽当りしてる所は暑い…難しいですねぇ。

あとインフルエンザも大流行中、という事なんでホント気をつけてくださいねネ
ありがたいことに、当ブログが少しの間だけ200位以内に入っていて中の人は驚きを隠せないでおります。
ホント毎度毎度見に来ていただけるだけでも嬉しいのであります…いい加減読者登録とかさせて頂きたい次第ですがなーんか上手くいかないので困っております(ヽ´ω`)



さて今回はいつぞやにやったthis is my gunな話をまたしていきますよ。ネタ切れとか言うんじゃない!
ガスブロで組むか、電動かで悩んでいた中の人ですが…ガス代や利便性(とにかく遊びたい/撃てば飛ぶ)を重視して電動にしようと思います。
ってな訳で電動主体、というよりは電動で組み上げることを前提にぽちぽち書いていきますよ。

突然ですが。
皆さんお忘れでないといいのですが、私が欲しているARは




こんな感じで、時代に逆行する仕上げにしたいのでありんす…どっかのMk12みてぇだなオイ(
全体としては上のような感じなのですが、無いパーツ(ハイダーやハンドガード)は代用品、またはあるもので組むつもりです。
ただしそれもある程度部品は同じメーカの物を使いたいという私個人の考えもあるのです
※同じメーカーでも合わないのはある
違うメーカーの買って、合わねェ?!とかなるのは嫌のん
なので今回はメーカー選定(部品)等をやろうk…あれ?前にも似たような事しなかったっけ…まぁいいや(


それに当たり
とりあえず1本、海外製でも日本製でもカスタムベースになる物をお迎えする
という目標…スポーツラインはいいです、はい(
んー…でもやっぱりフルメタの海外製でもいいかな?中身はこの場合、弄ります。
でなきゃー弾は飛ばんしギアクラッシュ起こしたら嫌ですもんね…っていいたいのですが、最近の中華製品のみならず海外製品って良くなって来ているのですよね、一昔前とは違うのでありますな。

ただギア比どうしようかな…


バッテリーはストックイン出来るタイプを見つけたのでそちらを使います(在庫あるのかな…)
ホントこのストックってなかなか見ないのですよねぇ…レアっていうか、なんていうか。
あとその関連で

こういう本を買ってみたり
何も知識無いよりこういうの持ってた方がいいかな?と
カスタムベース選びの参考にするつもりですよーあと中身の弄り方とガスのカスタム方法も載ってるようなのでちょうどいい感じの本です。
薄い本は買ってないですよ(

ただこういうのはやっぱりやってみなきゃ分からないですよね
いつになるかは分かりませんが、やれる時にやりたいですねぇ。



あ、そうだ元とするモノが
アローダイナミックM16A4
になりそうです。
理由としては
・フルメタ
・リーズナブル
・固定銃床
ってとこでしょうか

ただ聞いた話レールの削り出しがガバガバらしいのですよね(
※レール幅が狭いらしいです。
RISはどうせ取り替えてしまうから問題無いとして、あとはフレーム自体交換も考えなきゃならんかも知れません…質感自体はメタルって事でいいみたいです。
刻印は確かFN刻印と。
バレルは長いので、私が探していたものではあるのでいいかなぁと思うのですが、私の目指すモノのバレルより多少長い様に思いますが…後々組み替えようと思います、どうせベースですからね(
中身はもちろん一度バラして取り替えるものは取り替えて、使えるものは使う…という感じになります。

固定銃床のモノをベースにする訳ですが…いくつか選ぶ理由を紹介します。

・最悪例の銃床が手に入らなかったとしても、最低限自分のやりたかった敢えて固定銃床に拘るカスタムにできるという点。
・固定銃床であればメンテナンスツールも銃床内部に放り込んで置けること。
・スケルトンストックであればバッテリ交換が容易であること。
・銃床固定用の凸部分があり、後部に配線しやすい事
…などがあります。
1番重要なのが固定用の凸部ですね…マルイのSTDM16系統をお持ちの方で、分解した事がある方ならたぶん分かると思うんですがアレです。
んで、私が付けたい銃床の固定部分が

ちょっと分かりにくいですが、横溝が通っているんですね。
つまりこれは銃床固定用の凸部分があった方がいいって言う事になるのです。
…憶測でしか無いのが本当に辛い(
ですが、マルイM16を分解した時にも銃床側に同じ様な溝があったのでもしかして…?と思った次第。
M4のストックパイプ(?)には本体側にネジがあって本体にねじ込める様になっているので、たぶんこの銃床はSTD用…かな?
それからハンドガードは

マッドブルエアソフト Daniel Defense公認 MFR RAS 12in D01-035BK


マッドブルエアソフト JP Rifles公認 JPハンドガード 12in J01-003BK
です。
どっちもマッドブルエアソフトって事で、多少お高いのですが私の付けたいハンドガードはコレなんですよねー
…多少穴の空き方やらなんやら違いはありますが、形はこういうのがいいのでコレでいいのです…というか探してる中で1番近い形なのです。
取り付けられるかが肝になってきますねぇ…安くない分期待も大きいですし、ナット?が付いているのでこうなってくるとフレームの問題になって来そうです。

あとバレルですが、1番最初の画像で取り付けているモノは14.5インチなんですよね。
で、M16のバレル長が20インチなので…ざっと6インチほど長いのです…これは困った
んまぁ、20でもいいのですがだいぶはみ出てしまうのがなんとも…ハンドガードが12インチなので、できれば合わせたい。

こんな形のバレルってあるんでしょうかねー…
実銃にゃありますがやはりエアガンには無いんじゃないかなぁと思ったり…色々探してはいますが、なかなか見つかりません(ヽ´ω`)



そしてここまで書いた中の人が思った事
私「…マルイでよくね?」
心の声「お前さん馬鹿かよ、鼻から分かってたこったろうに」
私「うるせぇ!中身とか弄りたかったんじゃ!レスポンスとかサイクルとかいい感じに自分でやりたかったんじゃ!!」
心の声「まぁせっかくやるなら1から作りたいよね、分かる分かる…」
私「マルイでもええけどな…ええけどな…」
心の声「ほれほれマルイM16は安いぞー、ほれほれ」
私「え?でも弄るなら意味無くね?中身はそのまま使えるかもしれないけど…」

こんな感じで悶々とした自問自答を繰り返してます(白目)
ぶっちゃけカスタム初心者なんで、マルイから入るのが1番いいかなぁという感じはありますね…
しかしてカスタムはしてみたい。
なかなか難しいところです…


さて、フロントサイトですがいつかの鉄砲考察にて、Sシステム使うかーという事を書いていたと思います。
で、後々色々探したところG&Pとイーグルフォースに似たようなサイトがありました。

G&P SPR Front Sight GP754


イーグルフォース 5468 Sprフロントサイト


この2つになります。
ガタが出たら薄ゴム敷けばいいんや(脳筋)
ただ怖いのは14.5インチアウターに取り付けした時にどうなるかってトコです…大丈夫だとは思いますがね?



ま、どうなる事やら…って感じっすね(ヽ´ω`)
色々ゴチャゴチャ書きましたが、本人が一番あんまり分かってません(((
では今回はこの辺で、ではまたー  


Posted by はる氏  at 15:08Comments(1)

2018年01月14日

H&K!!!(ver.3)

どうも皆さんおはこんばんにちは。

雪だァァァァァァ!?
さっむいと思ってたらコレだよ…
ゆーて積もらんのが救い…積もらないより、凍結が怖いのですけどねー
特に私は南国生まれなので雪道とか凍結道路の走り方分からんのです_(:3」∠)_
ガスブロが動かない時期ですけど、今んとこサバゲーの予定ありませんから大丈夫です()
…行きたいンすけどねぇ…


さて今回は前々回から引き続き、UMP.45について色々書いていきたいと思います。
今回は細かい場所、気になった点や紹介し忘れた点等を重点的に見ていきましょうと。
…といっても、あと見てないのはボルトやマガジンの細部でしょうからそこまで長引く記事にはならないと思います。




ではやって行きましょー
さてまず本体刻印がもう1つあったのでそれを紹介します



ライセンス品ですよ!という証の刻印になります。
ただこの刻印は賛否ある様ですが…
Licensed Trademark of
Heckler&Koch GmbH
Cal.6mm BB
となっているのでおそらく
「H&K社公認である。 6mmBB口径」
だと思います。
まぁ、6mm弾って書いてなきゃマズいんでしょうね…海外だとそういう制約厳しいでしょうから…
あー、でも刻印っていうよりはプリントっぽいです。

弾倉刻印及び弾倉各部について
前回の記事にも書いたように、.45口径弾という非常に大きい拳銃弾を使うので弾倉もかなり太い物になっております。
9mmだとストレートでは無くバナナマガジンになってます…10mm弾のバリエーションもある様ですが、10mm弾のバリエーションってのは私は写真でも見た事が無いんですねー…調べたら出るかな?




マガジンです。
.45のダブルカラムって事で、素晴らs…握りやすいですね。





各部分になります。
底面は凸凹の組み合わせなのでおそらく外せるかな?
ガタツキはほとんどありませんので安心です。
上のリップ部分及びバルブ部分はよくあるガスブロのマガジン…ピン固定ですね。
ただ何だこりゃ?上下に2個ずつあって計4本でのピン固定になるんでしょうか?




マガジンの刻印について
刻印はバルブ側から見て左面にのみあります。右側は刻印がありません。
.45 Auto の刻印がマガジン底部付近。こちらの刻印も左面に刻印されています。
残弾確認孔上下にも刻印があります。
上:RESTRICTED LAW ENFORCEMENT
GOVERNMENT USE ONLY 10-94
下:Heckler & Koch GmbH
Germany
(上記表記横に):Licensed Trademarkof
Heckler & Koch GmbH
となっています。
上表記の文字はおそらく、司法機関または政府用
って感じでしょうかねぇ…実物のM4マガジンにも似たような言葉が書いてありましたからね。

あ、それから補足的なものではありますが…本銃のストックには2箇所ほどフリーホールがありまして…




一つ目は付け根付近にあり、二つ目は後端付近にあります。
この穴は何ぞや?
という疑問が生まれます。
実はこの穴、前二つの記事でも書き忘れていたのですが分解時に通しピンを入れて紛失防止に使える穴なんですねー。




こんな感じで前後の穴はピン紛失防止に使えます。
少し入れると遊びがだいぶあるのか、かなり動きます。
ただピン側の金具のおかげで抜ける事は無い…かな?(不安)

と、リアサイトの説明と写真を忘れてましたね私



コチラですぬ( ˇωˇ )
〇サイトと凹サイトの切り替えが可能になっていて、中〜近距離で威力を発揮しそう…あと室内。
コレはたぶん金属…?

あ、ピン抜け防止にワイヤーとか買ってみたので付けてみましたよ〜
もしよかったらやってみてくだい(※中の人は破損等の責任は負いません)


ワイヤーとWリング
ワイヤーは0.36mmのもの…これは3kgまで耐えれるので、耐性は高いと思います。
これを…



ピンの穴にワイヤーを通して、Wリングで巻きます。
これで抜けにくくはなるハズです。


とにかくいい銃です…さすがドイツの鉄砲ᕙ( ͡° ͜ʖ ͡°)ᕗ<独逸の技術は世界一ィ!
前にも書きましたが、やっぱり世紀ライセンス品なのでエアガンながら実銃の迫力があると思います(実銃見たことないけど…)
あとは変なデフォルメされてる部分が少ない、実寸である事等が本銃の特徴として数えられます。
ちょっと悪い点としてはやっぱりピンですかねーw
あとはホップ調節のネジ穴…なーんでそこに付けたん?って思ったんですが、ボルトの構造上仕方ないのかも…



では皆さん、今日はありがとうございました!
また次回お会いしましょう!さよならー!  


Posted by はる氏  at 21:54Comments(0)ガスブロガスガンGBBマガジンVFCUMP.45UMAREX

2018年01月08日

H&K!!!(ver.2)

どうも皆様おはこんです、中の人です
さて、新年あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします
今年は…そうですね、サバゲ行けたらいいなぁ〜と思いつつコミケや例大祭に行きたいな、って感じです
去年は行けなかったですからねぇ…

今年も色々試したりレビューしたりしていきたいと思いますので、よかったら是非見に来てくださいね〜







という事で
新年早々(もう1週間以上経ってますけど、初記事って事なんで許してください!何でもしますから!)レビューしていく訳ですが…
前回投稿したUMP.45の記事がなかなか好評(?)だった様で、投稿して数時間立たない内に230以上の方が見にきてた様でちょっとビビるなどしている中の人です…やはり皆.45口径が好きなんやな!(違
いやもうホントガバガバレビューにお付き合い頂きありがとうございます(土下寝)
ていうか前回記事がいつの間にか私の個人ブログの人気記事2位に食い込んでますやん(((
まぁなんだかんだ言って、H&K社の製品のエアガンってのは結構人気ありますよネ
ゲームやらなんやらに出てる影響でしょう…CoD:MW2は.45口径モデルでしたが、PUBGは9mmモデルでしたね…おそらくですが輸出モデル?
映画だとBADBOYSでウィル・スミスが車の中から撃ちまくるシーンが印象的(ง˘ω˘)ว



ではちまちまとやっていきたいと思います!
今回はもう少し突っ込んだ(そうでもない)レビューをしていきたいと思います。



ピンポンハンドル〜
ここは言わずもがな金属製。
操作しやすいものになります。
設計…というよりは、操作感をM4小銃と同じにしたい!って理由からコレが付くようになったらしいですね。



本銃はピン一本で分結できます…M4みたいに
ピンはこのストックの付け根辺り、ちょうどリアサイトの下くらいにあります
ここを引き抜くと…



通常分解が可能です。
ただ前側は通しピンではないので立ちながら分結するのはお勧めできません…
組む時の注意



前側のピンに引っ掛けるようにして取り付ける必要があります
ここが通しピンで無いのは驚きましたねー
ただ1つ言うとすれば、この後ろ側の通しピン…ちょっと押しただけでも抜けたりするのです(指で少し力を入れると抜ける)
なので何かしら対策すべきかなぁ…と思い割りピンか、針金を軽く巻くつもりでいましたが…針金ではダメでした(そもそも指に刺さる可能性もあるので針金自体アウトです)
なので



排莢口側に頭を向けていたピンを



排莢口側と反対側に向けて入れてみました。
コレは不意に力が掛かった場合にピンが少しでも抜けていれば視認出来る位置なので、なにも対策が無いよりはマシだと思います…もう少し模索してみますけど、私個人としては脱落防止で紐で括ってしまうのが1番なのかなぁ?と思いますけれども…うむむ
この位置ならもし少しだけ抜け掛かっていても親指で押し込める事ができるので一石二鳥(?)( ˇωˇ )
ただやっぱり落としてどこ行ったか分からなくなるよりは、無くなる前に対策出来るのが1番です

ホップ調節はどうするの?ってマニュアルとにらめっこしていると…



(銃をぐるぐる)


ん…?なんか文字が…


そして銃口周りを観察していると…



あっ、こいつか!
うわー、すごい位置にある…w
普通のエアガンで考えたら上から調節しますもんねー…イレギュラーって訳じゃないですが、これは初めての方式です。
撃ちながらのホップ調節は難しいかも…ていうか危ねぇ位置ダナ〜( ・×・)
調節する時はマガジン抜いときましょうね皆さん。

さて、気になる機関部です



まずはボルト周り…SMGなのにすんげぇスプリング使ってる
ちなみにですが、他の方がレビューしている様に本銃は可変ブローバック(?)を搭載しており、ブローバック速度等が弄れます
ただどう引き抜くんだコレ…ココはその内弄りますかね



ロアレシーバの中身…なんかM4っぽいですねw
中身的には結構綺麗な作りをしています…金属製の部品も多く使われていて硬性もそれなりに高そう



ハンマー部分
コレは…アルミかな?
黒い部分はローラーになっていてクルクル回ります。



セレクタ部分
実はここ、樹脂です(!)
…ただそこまで動きのある部分では無いし、なにかの衝撃を受ける場合…って言うのでも無いので問題は無いでしょう
CRCとか吹き付けたら死ぬから止めましょうね!!(※溶けます)
強化樹脂…だと思うんですが、樹脂も金属と同じで硬すぎても柔らか過ぎてもダメなんですねコレ
硬すぎればすぐ折れたり、柔らか過ぎれば今度は戻らなくなったり…



MP5より細身なハンドガード部分
…本体と一体化してますし、ハンドガード部分って言うのも違う気がしますけど(
コチラには左右下方にネジが切ってある穴があり、そこにレールを取り付けることができます。
早く私も三面レール化したいなー
ただ1つ下方にレールを付ける時は前側のスリングホール(顎みたいになっている部品)を取り外す必要があります。
ライト付きのフォアグリップが付いてるUMPてカッコイイですよね〜
アングルフォアグリップもいいな…

あ、サプレッサーも付けたい!と思っていたのですが…
実は本銃のアウターバレルが樹脂っぽいので一時保留に。
サプレッサー付けたら長くなりますし、それでぶつけたりしたら…って考えた時に少し悩みまして、それならちょっと後からでもいいかなぁ?と
ん〜…まぁそこまで柔らかいプラスチックではないとは思いますがね?
なんかメタルアウターもあるみたいなのでそちらも検討しておきましょう。

三面レール化して横に何付けようかなぁ…とモソモソ考えております( ˇωˇ )
フォアグリップライトにするなら横の20mmレールにライト付ける必要ないですもんねぇ…どうしようかしら


んで、とりあえず外観と中身はOKです。
続いては動作や操作方法をば…動画は貼れないのです、申し訳ない_(:3」∠)_
操作方法自体はMP5系やM4系を使っていた方であれば問題なく使用できます。ただM4と異なるのは槓杆が銃前方、後方から見て左側にある事です。
…大丈夫だとは思うのですが、一応( ˇωˇ )
ちょっと引っ掛けるかも知れませんねー…ちなみにですが槓杆も樹脂です…大丈夫なんだろうか?w
引っ掛ける、というとG3やMP5などにみられるアノ方式です。
引っ張って




ガシャ!っと溝に固定できます。
このまま溝に引っ掛けなくても、普通に前に戻しても大丈夫ですね
槓杆を引くのにはそこまで力は必要ありません。が、やはり新品箱出しなので硬い…!
馴染ませるといい感じになります。




ガチャっと言うよりは…ガコッって心地良い音がします。ベクター(KSC)も同じ様な動作音です…というか似てる?
まずはマガジンに弾を込めて槓杆を引き、初弾を送ります。
あとはセレクタを動かして撃つだけ…!
(あ、一応ですが、ドライファイアです。)

<バシ
…ん!?
<バシバシ

…ナンデスカコレ?!!バシバシ来るよ!?www
オッホッホーww楽しい、楽しいぞこれーwwイェアww
ぬあ…もしかしたら今まで買った奴の中で1番ちゃうか…?(DEを撃った時の感覚に似てました)
いやー
なんだこれ!?ww
というのが第一の感想です。
M11(KSC)の時は発射速度に驚きましたがコレは音と反動ですね…楽し過ぎる…
弾は飛ばない(らしい)としてもこーれはいいですね。
射撃音もそこそこ大きいし、反動楽しいし注目度高いっすよ!※尚発砲音がデカいので、発砲したらしたで周りの敵に見付かる可能性の方がデカいです(
単発だとそうでもないのですが、フルオートの反動はそこらのガスブロより大きい様に感じますよ〜
DEをカービン化してフルオート出来るようにしたらこんな感じか…?というか、なんというか…
KTRは本体の重さのおかげで反動を消してる感じもあるのですが、KTRはどちらかと言えば音が大きいです、コーンハイダーを付けてるからでしょうけども…w

こんなん付けてりゃまぁ…ねぇ?((
※発砲音をデカくして威圧する為(?)のハイダーなので当たり前と言えば当たり前
M4は短くしてあるせいもあるでしょうが反動が来ますね。

UMPはサプで変わるのかなぁ…?結局は動作音だし、別にいいかなぁ…カッコイイから付けたいですけれど!
KTRは長いので付ける予定は無いですねー。下手すりゃ折る(
マガジン交換!はココの…



/カポッ\

お馴染みのMP5系やAK系のマガジンリリースでありますね。
マガジンは…自重で落ちません(((
ちなみに引っこ抜く感じです、こう…せいやァ!!って感じ(そこまで力まない)
…しかし、聞いてたよりもマガジン引っこ抜きやすいです、力はそこまで入れずともスイッと抜けます。




マガジンは.45なのでアホみたいに太い!トンプソンみたいな感じ。
あぁ、GBBの方は残弾確認窓にダミーカートはありませんが…電動だとダミーカートっぽいのが入ってます。
これ実銃は25発…?くらいでしたかね。ただこれ.45って事なので、どうしても本体が丸々ムッチr…デカめになるんですよね。クリスベクターも然り…反動はベクターの方が抑えられるのかな?仕組み的と重さ的ですが。
ほい、話題が逸れた!



セレクタはクリック感があり、今どのモードか分かりやすい仕様に。
ただ慣らしてないからか、多少固くはあります…シリコンオイルを吹き付けておくか…

セレクタの数?でいいのかな。

安全


単発


2点


連射


になっております。
本体の射撃反動制御と、マガジンの装弾数の事を考えるに2点制限射での射撃が良さそうです。
しかし…フルオートもスゴく楽しいのですが、フルオートは少し撃っただけでもかなりの射撃音なので室内だと迷惑がられるかも(
※そもそも室内じゃフルの機会ってあんまり無いよ??

ストックについてですが、本銃の銃床は折り畳み式となっており、グラ付きや軋みは全くありません、スゴイ!
本体自体の軋みや遊びもほとんどありませんねー
ストックの展開、格納についての動作です

まず全体的な見た目はこんな感じです。
頬付けする部分と後端にはラバー加工(?)してあり、構えやすく、滑ることは…まぁ滅多にないでしょう
ストックを折り畳むにはまず…



半月状のギザギザしたボタンを押し込みます。
こちらのボタンは少し重い(硬い)ようですが、これも慣らせばいいでしょうね〜



反対側はこんな感じ。
ピンはベクターの様にネジを外して抜く方式ではありませんので注意。

畳むと



こんな感じになります。
ストックを畳んだ状態だとしても射撃が行える様になっており、状況によって使い分けができそうですね



ストックを畳んだ状態での固定は排莢口の前側にある出っ張りに引っ掛ける感じです。
意外にもこの固定方式が結構ガッチリ固定出来るので安心ᕙ( ͡° ͜ʖ ͡°)ᕗ


〜評価ターイム〜
/テッテレー\
さぁやって参りましたいつものヤツ

見た目
★★★★★
これはもう文句の付けようがありませんね…
そもそもライセンス取ってるんですから、中の人みたいな一般人がどうこう言える物じゃないんですよね(((
ライセンス取ってるって事はH&K社が「コレならウチの名前使って製品化して売り出していいよ」って言ってるんですから…(まぁアウターバレルがプラなのはいただけnゲフンゲフン)

操作感
★★★★☆
これに関しては動きが渋いって所も入ってます
…が、しかししてぶっちゃけ今のところは、って評価ですのであまりアテにはなりません(ぇ
ただ全体的な操作感はいいですね〜練習すれば誰でも扱えます。
トリガーガードが広いので厚手のグローブでも入るし、なにより咄嗟の接敵には効果を発揮するでしょう。
セレクタが少し硬いのは仕様…というか柔らかすぎても嫌なので、ちょっと硬い方が個人的には嬉しいというか…w

撃ち応え
★★★★★
これも文句は無いです…というか感動しましたw
飛距離やホップのかかり具合は未知数ではありますが、持ってて触って楽しい1本です。

取り扱い
★★★★★
流石というか、なんというか…重くもなく軽くもなく、正直かなり扱いやすい銃ですね。
ストックも折り畳み式ですし、なによりサブマシンガンであるという事。室内での取り扱いも場所次第ではストック展開したままで取り扱えると思います。
あー…でもMP7程のコンパクト感はありません、そこは注意です。

価格帯
★★★☆☆
私自身よく決意したなって値段でした…(お前は買い合わせし過ぎただけや!)
価格はガスブロで正規ライセンス品という事もあり、多少なりとも手軽に手を出せる値段では無いと思います。

んでも正直な話、正規ライセンス品でガスブロで…ってんならこの値段でも納得はできます。だって下手すりゃ次世代シリーズより安いんですから…あぁ、ガス代はもうご愛嬌って事で諦めてます私((

マガジンやその他オプションも決して安いものでも無いので購入する時はそれなりに考えて購入しましょう…
デラックス版だとレール、サプレッサーが付属するのですが…私がAmazonで購入したバージョンには付属無しでした。(私が購入した時の値段は38000円位?でした。UMP.9はこれより少しだけ高かったですが、出回っているのはUMP.9の方ですので)
ただマガジンはあんまり高過ぎる!って程は無く、それなりに揃える事は可能かと…しかしながらやはり出費には変わりありませんし、サプレッサーは7000円近くするので買い合わせする場合はお財布と相談してくださいね〜

〜総評〜
/ヒューヒュー\

さてVFC H&K UMP.45 GBBRを色々舐め回m…細部まで見た感想ですが、今回の総評は〜…

★4つです!

まぁ価格帯でマイナスが多かったのですが、コレは前記しました様に★3ではありますが…版権とかの事を考えるとこの値段だと納得できるのですがね??
皆さんを評価は割れるとは思いますが…私的評価ですのでね?
いやでもコレはいいですよ!持ってて楽しいですし、撃っても楽しいですからねー



まだ実戦投入時期は未定ですが、重量もそこまで重くもなく、ストックも畳めるので輸送は楽できると思います。


あ…


今回イラスト描けてねぇ…_(:3」∠)_
では皆さんこの辺で、ではまた!  » 続きを読む


Posted by はる氏  at 22:39Comments(0)ガスブロガスガンGBBVFCUMP.45UMAREX

2017年12月31日

H&K!!!

前回の記事がラストだと言ったな?
あれは嘘だ


どうも皆さんおはこんです!!
今日はいつにも増してテンション高いYo!

…はい一旦落ち着きましょうね。
でも落ち着けない!
そりゃそうでしょう?だって長年の目標が叶うんですよ?テンション高くない訳がないですよ(❁´ω`❁)

タイトルでだいたいは察せると思いますが、遂に来ました…アレが!
ん、まぁ、実をいうと前回あの記事書いたあとすぐに注文したんですよねー貯めててよかった( ˇωˇ )




という訳で!今回はまた冬なのにGBBのレビューです
今回は〜…デデン!




VFC(UMAREX) H&K UMP.45 GBB
デス!


いやー…やっとですよ、やっと…
とりあえず細部や刻印を見ていきます
(実銃見たことないけど!)

まずは外側の色々な各部

エジェクションポート…流石.45口径銃だけあってデカいですねー

セレクタ。コチラはアンビになっており、二点制限射が可能となっています。…なかなかこれの使い勝手いいみたいですね。

リア、フロントサイト後方より。
リアサイトに関してはハンドガンみたいな凹リアサイトと〇サイトが切り換えられます。
フロントサイトは調節できるのかな?


シリアルナンバープレート(?)一本一本違うのでしょうかね?

刻印はメイド・イン台湾!!


…じゃなくてこっちがほんとの刻印です(
流石というか公式ライセンス取得してるだけはありますね…深堀の刻印で消える事は無いでしょう。


中身は取り扱い説明書と…スプリング
日本版にしかないサービスパックだそうで。

うーん、どっかで見たねぇ君ィ(((
あぁ、装填数は30ってなってますが…マガジンスプリングくっそ硬いらしいので入るかどうか…


箱出し状態
箱に入った状態ではストック畳んで入ってましたね

マガジン3本購入したから安心!…ただ入るポーチがないっていう((



個人的に本銃はホロサイトが1番似合う気がします
あとはオープンタイプのドットサイトですかね。
あぁ、レールは上面だけ購入しました…3面レール化はまだ先になりますね。
ライトが付けられないのはちょっと不便ではありますが。


.45口径弾(ダミカ)との比較
余裕がある排莢口はなんとも迫力があります。

で、この銃自体全体的に樹脂ですので、スリングホールももちろん樹脂です。
それに関してですが、スリングホールがプラという事はスリングが金属なら本体に傷が入ったり、経年劣化や疲労による破損の可能性が格段に上がってしまうので

こんな感じでパラコードでスリングホールを作ることをおすすめします。
パラコード自体もあって困るものでも無いですし、あればあったで色々な用途に使えますので…





さて今回は年末最後の更新なので短めに済ませて頂きます!
細かい所や、詳しくは後々やっていきますので、是非お楽しみに〜


いやーしかし、平成30年ですよ!
今年も1年、皆様のご愛顧に感謝致します。
また来年も良い年でありますように
では皆様、良いお年を!またなー!  


Posted by はる氏  at 19:09Comments(0)ガスブロガスガンGBBVFCUMP.45UMAREX

2017年12月26日

今年ラストのちょっとした煩悩

どうも皆さんおはこんばんにちは、中の人です。
いやー…本格的な冬到来ですね

皆さん風邪とかインフルにはなっていないでしょうか?
なんか聞いた話、胃炎とかも流行ってるらしいので気をつけてくださいねー

年末ですし、ネタ切れ感が半端ない中の人にございます((
そういう事なので、色々装備品だったり鉄砲に付いてだったりの雑談記事にして行きましょーという感じになります。
画像等は今回無いですので分かりにくいかも知れませんが、よろしくお願いします。( ˇωˇ )

と言っても、気になる製品とかを書いていくだけのちょっとつまらない記事になるかも知れませんが…



さて、まずは気になる製品をいくつか順不同で紹介させていただきます。
ただ持った事がない、偏見やネット情報、聞いた話見た感じ…での紹介となりますのであしからず!


1.UMP.45GBB
前々から申しております、UMP.45GBBですね。
(…在庫なかったり取り扱いやめたと思ったら在庫復活してたりして、その時に限って財布が軽いパターン辞めてくださいほんと!)
やっぱり動画とか見てるといいですよね…ブローバックも重いのにビシビシ俊敏に来るそうで…
マック堺さんが紹介されてましたね。(※UMP.9の方)
聞く話、当たるのは25mが限度らしいですがいいんです、それでもいいんです!(
こちらは近日中に購入出来たらいいなぁ…と_(:3」∠)_
ただやはりマガジンが抜きにくいらしいですね…自重で落下しません(
それから45口径という事もありなかなか入るポーチが無いのですねぇ…ベクターのマグポーチだと入るよーという情報も。
P90のマガジンポーチでも入るかなー

2.G18C
これは拳銃なのにフルにも出来るってのがいいと思います。
M93Rの三点制限射できるのは便利でしたし…ちょっとチープ感否めなかったですが、サバゲでゴリゴリ使うなら全然使えますねアレ…逆にあれくらいがいいのかも?
カービンキットもありますし、何ならそれ使っておまわりさん装備するのもありですからね。リアルで使っているかは不明ですが…
マガジンもショート、ロングありますしかなり使い勝手は良さそうですよね…状況次第でマガジンも選べばいいのですし。
ただ対策しなきゃースライドが吹き飛ぶって聞いて買うのを躊躇う1本…今のロットは対策されてるのかな?
対策としてはスライド前面内部の下の方…ロッドが入る穴とその後端が当たる部分ですね、そこにゴムパッドを敷く?貼る?といいそうです。

3.マルイ 89式小銃GBBR
実はこれ凄い楽しみにしてるんですよ〜
…まだ出てないのですがね?
三点制限射はマルイの長物ガスでは初めて…ですかね?
どうなるのかはまだ未知数ですが…
…可能なら同じ機構でM16A4のGBBR作って三点制限射を搭載してほしいなぁ…というのが私個人の思いではあります(
四面レールはあとから付ければいいし、マルイの命中精度でM16の長物!って結構いいと思うのですが!!どうですかマルイさん!!!(やめなさい

4.マルゼン M1100 ガス
12月に再販?されたんですよね
カートタイプのショットガンって遊んでても楽しそうだと思うのです…(マルイのショットガンも排莢出来ると思ってました)
セミオートショットガンと言う事ですが…M1014も作れないモンでしょうか?形もカッコいいですし、海兵さんが喜ぶんではないかと…とは思ったんですがカートレスタイプじゃないとサバゲでは使いにくいですね(
という訳でマルゼンさん、どうですか!!(やめなさい※2回目

5.VFC Mk11 Mod0 GBB
またガスブロです(
いやー…まさかまさかの7.62がガスブロ化ですよ?気にならん訳ないでしょう!
実銃のマガジンはSCAL-Hと互換があるそうです
…値段は…まぁそうですね…まぁそうなるな…(白目)
刻印に関しては1本1本違うそうで…なにより正規ライセンス!ってのは大きいかと思うのでございますよう
専用サプレッサも力強い…(7.62大好きメン)

6.ウインチェスター M1873
こちらも前々から気になっている長物
…なんでそんな古いヤツ?
という意見もありそうですが、私は古い銃とか割かし好きなんですよねー
ただ今どこ探してもほとんど無くて…あるにはあるのですがね?
レバーアクションっていいですよね、視線を外さずに目標に照準しながら給弾できるんですから…
世紀末装備にいかがですか()


さて、鉄砲関連はこんなモンです。
買って無いものを紹介(?)するのもどうかなァ?という感じですが…道楽記事として見て頂ければ嬉しいです_(:3 ⌒゙)_
お次は装具品関連〜
アーマーやヘルメット辺りを中心に細々と…
こちらも偏見やネット情報うんぬカンヌ(

1.ALTYNヘルメット(ODカラー?の方)
このヘルメットも前々からかなーり気になっているヘルメットです…と言ってもレプリカの方ですが。
バイザー付きヘルメットとか超カッコいいですよね?!ね?!
とあるバトルロワイヤル系ゲームだとスペツナズヘルメットだったりLv.3ヘルメットって呼ばれてるようで
たしかレプは4万位でしたかね

2.TMC 6094スタイル プレートキャリア
コチラはLE用にいいかなーと思いながら色々調べている所。
ただやっぱり背面のベルクロが無いが多いのでしょうか…自分で縫い付け作業しないといけないかなぁ…?と思っている次第…なかなか現物を見て買う、というような事が出来ないのでなかなか装備品関連は難しい面があります( ‘ᾥ’ )
扱ってる店がない…
ただ私の探し方が悪いだけなのかもしれないので、またよく探してみないとあかんです。

2.ブラックホーク LOW-VIS ロービズプレートキャリア
これはアレですねー、戦車兵用に欲しいかなと思っている品物です。
戦車兵の他に航空機搭乗員の装備にも使えそうなので、汎用性は高いのかな?
ちなみにですがコチラのアーマーにモール機能はありません…いわゆるただのアーマーなので拡張性皆無((
海外の評価でもデキがいいと評判なのですよ〜。

3.Challenger GS 1x20 ナイトビジョン
…夜戦はやらないのですが、ナイトビジョンって気になりませんか?…え、私だけ?
コチラの製品は1世代ながら2.5世代の明るさを誇るそうです。
…ですが、現物を見たことが無いのですよ私は!(ァ
あとヘルメットになんか付いてるといいじゃないですか!

4.ゴルカ
これはアレですね、オーガストウォーズ(映画)の装備に使われているのですが、その装備がしたいので出来れば買っておく必要があるのです
とは言ってもなかなか扱っている店が無くて…あれ、ロシア軍の装備品専門店1度行ったのになんで聞かなかったんだろ…(阿呆)


装備品は今の所こんなもんですか
しかしながら、こうして挙げてみると装備品もなかなか集まりにくいものですよね
そんなに安い物でもないですし、安いものを買ってしまえばすぐ壊れちゃいますし…趣味とはいえ、やっぱりいい物を使いたいなぁと
あ、特に靴…まぁ私個人としてはですが、足回りはいい物がいいですよ本当に(私の友人は安いのを買ってサバゲ中に底が剥がれたそうです、危ない)



さて皆様…もう年の瀬です
体調には充分にお気を付けて下さいますようお願いします
たぶんUMP購入できたら届いたYo!って記事を書いた後レビュー的な物をすると思いますのでよろしくお願いしますね〜!
では今回はこの辺で、さいならー  


Posted by はる氏  at 12:19Comments(0)雑記

2017年12月11日

TT-33

どうも皆様おはこんです、中の人です。
…いい加減、中の人ってハンネだと思われてる気がしなくもない感じがしているんですけど大丈夫なんですかねコレ((
Twitterだとまた違うハンネ使ってますし(

まぁ大丈夫でしょう(慢心)

しかし皆さんどう過ごされてらっしゃいますかね、もう冬ですよ冬
つい最近まで暑い暑い騒いでた気しかしませんねぇ…というかもう12月っておま
暑い頃が恋しい訳ではありませんが、インフルとかノロとかが流行するのは勘弁願いたいモンですよねー…ただ冬は好き。
そういえば寒い時期にサバゲーした事はあまり無いですね。
ただし寒い、とはいえレベルもありますし?堪えるほど寒い!!って時にした事は無くても、あれ?今日寒くね?って時にはサバゲーしてました。
冬のサバゲーで気を付けるべき点としたら、いつも以上にゴーグルが曇る事…あとは迷彩服を枯れ草とかに合わせる必要が出てくるんですが、それはそれで楽しみだったり。ゴーグルが曇るのは楽しくないよ!!
でもライフル適当に塗っちゃったよ!(M14)

枯れ草、というと私は3Cカモが合うんじゃないかな?って思います。こればっかりは地域にある植物によると思いますけどね?
自然の物という事もあり、時期的に思いの外枯れ草になっていない場所も勿論ある。…ので私は基本的にウッドランドをメインに使っていました。よく行ってたフィールドもそこまで枯葉になっていませんでしたからね。
もしくは
上→ウッドランド
下→3C
とかの組み合わせ迷彩もいいゾ!(ローンサバイバーでもやってたような?)
ライフルギリーも作ろうか悩んだり、割とカモフラマークスマンになろうとしてたんですよ?
まぁM14にそんなもの付けたらせっかくのチャーハンガチャガチャできなくなるし、噛み込んだりするのも嫌ですから結局構想だけで終わりました(壊れない様にやろうね?)
サバゲーか…またやりたいな…マークスマン楽しかったですからねー
…あぁM14をマークスマン仕様にしたのにマークスマンサバゲー(Twitterのフォロワーさん主催)行けなかったっていうクソ案件を今だに根に持ってますからね私((
いやまぁ自分のせいなんですが…でもそらァあなた…リアル海兵マークスマンだった人(フォロワーさん)が俺も行くけどどうですか?って言われりゃ意地でも行きたいて思いますでしょ??マジで後悔してますからね私…おにぎりおいしい(白目)


そういう事もありましたが、なんとか空元気でやっていますよ
サバゲーなぁ…動画で見てるだけってのもなかなか辛いものがあります…銃とか装備品だけ何故か増えて、ほとんど新品のままホコリ被ったり(((
ただLE装備用アーマーは目星は付いているのですよ。割と小型なやつですが、ダミープレートを入れようかなぁ…
LE装備は完全にインドア向きにする予定です。あとは夜戦用かな?全然やったことないですけども…ポーチ類は必要最小限として、携行弾数は必然的に少なくなりますね?たぶん途中で弾切れ…る前にやられるだろうからリアカンにしよう(フラグ)
武器は
・M4A1
・M3
・M870
・MP5(固定ストックでライト付きハンドガード)
ですかね。(ほとんど「警察の武器ってこうじゃろ!」的イメージで決めたのでアテにはならないですが)
正直な話、リアカン時ってショットガン系は持てるだけ持っていいと思ってるんですが、どうなんですかね…実銃ならショットシェルが弾ですし
ショットガンでリアカンしてる/した事がある皆様どうしてるんですかね?やっぱりシェルはあるだけ!って形なんでしょうか…?そもそもショットガンにリアカンって括りがあるのか?って所はありますが(
MP5はハンドガードライト?とストック共に海外製品があるみたいなので一安心〜ただし、マルイのMP5使うとしたら、マルイMP5チャーハン折れ遺族の会に入らずに済むように何かしら対策しないとですね((





あれ…今回装備考察じゃない筈なのになんか書いてしまった…




はい、ここから本題!という事で今回は…寒いけど、またガスブロのレビューです。
…前回M&Pやりましたから、今回も、ですね
何を紹介するかというと…
寒い時期に銃って言えばあの国のしかないでしょう!(そんな事はない)


ソ連が生んだ傑作拳銃
Тульский-Токарева 1930/33 TT-30/33 トゥルスキー-トカレヴァ 1930/33 TT-30/33
です!
…今更過ぎますかね?(
まぁいいや



さてこの銃ですが、皆さん言わずと知れた拳銃ですよね。
私も割と好きな銃です…出た時は嬉しかったですねぇ
P38に並ぶ一般人が知っているであろう拳銃の一つに入ってもおかしくはないでしょう。(トカレフは悪い意味での場合が多い気もしますが気のせいです…気のせいです!!)
こちらはKSCのガスブロTT-33になります。
ダミーカートもいずれ欲しい( ˇωˇ )


外観〜
セーフティは無く、本当に指トリガーしたらアカン拳銃です…訓練された兵士が使う事を前提で作られたので、セーフティが無いのも部品凍結での破損等を防ぐ為の簡略化であったり、トリガーガードが幅広なのも大柄なロシア兵が手袋をしたままでも扱える!というなんとも雪国らしい作りの拳銃であります。
トリガー周りも部品点数を少なく作られているので、ここも凍結して破損…という事があったとしても部品交換が容易に行える様です…実銃は(
ちなみに蛇足ではありますが…P38は工作精度が高かく、命中精度も割とよかったのですがその分の部品点数がどうしても多くなってしまう為、破損した時すぐに対処できなかったりしたそうです…まぁP38ってあの時代にある軍用拳銃の中ではかなりいい製品だったのは間違いはないのです。
私はP08の方が好きなんですけど(((

ガバメントはどうだったんだろう…


HW樹脂という事もあって、マガジンを抜いた状態でも結構ズッシリ来ますね…取り回しに付いてはグリップが細く、重量バランスもそこそこいいので撃ちやすいです。(個人的に)


マガジンはシングルカラムですね。
ガバみたいなマガジンで、冷えに弱く冬は使えないかな…
マガジン底部にはランヤードリングがありますが、このランヤードリングがあるのは元から、というより購入時に付いてるマガジンのみに付いているみたいです。
もし、全部にランヤードリングが付けたい!って方はアフターパーツで頼むのも手かも…?



勿論レールはありません。ガバ用の後付けレール付けられそうな気もしますけど、ちょっと微妙でしょうか
※ガバよりフレームが小さい?様なのでもしかしたら難しいかもしれません。
サイトも小さいので精密射撃は望まない方がいいです。
というより拳銃で砂したいならガバみたいにコンバージョンキット使う方が早いのです(

刻印


こんな感じです。
ここで分かるのはトカレフはかなり細いって事…もしかしたらガバより細いかも…ガバは.45口径だし、太いのは仕方ないですね。


スライドの外し方はガバより簡単です。
が、ちょっと特殊なので注意する必要があります。
まずは

スライド後方より見て右側面のL字の留め金をハンマー側に引きます。
留め金は脱落防止にストップが掛かる機構になっているので、抜ける事は無いと思います
ただ留め金を抜く時に少し硬いので怪我に注意してください。

留め金を外したらスライドストップを左側に抜きます。
スライドを前に抜きます。
割と引っ掛かりもなく綺麗に引き抜けます。
ガバはスライドの位置を合わせないと外せませんが、トカレフはそれをしなくてもいいので便利ですね。

で…私の場合、革ホルスターに入れてるので革の内側がこの留め金に引っ掛かってるのか汚れが溜まってます(


入れた状態。
勿論モールなんて無いです((
あとはクリーニングロッドは購入当初から欠品…しかしエアガンだから必要ない…かな?
マガジンが1本予備で入りますね…トカレフはやっぱり革ホルスターがいい!…とはいっても、購入当初かなり迷いました…革製だとクイックドローは出来ませんから
慣らしはしてある…つもりですが、やはり革は癖がありますね。
あとは銃自体を浅めに入れておくか、ですがどうしても蓋を閉めるときには入ってしまうのでどうにも上手く行きませぬ( ˇωˇ )

動作ですが…ハンマーだけコックしても、撃てません。
初弾を送り込む動作をしなければ撃つ事が出来ないんですねー
どういう仕組みで再現したのか…KSCさんしゅごい
で、一番なんとかして欲しかったのは…

…お分かりでしょうか?
スライドストップが当たる部分が強化されてないんです!
なので何度も何度もスライドストップを掛けると摩耗すると思うので皆様注意しましょうね…ただメタルスライドにしたらダメだゾ!
装弾数が10発ですんで正直な話、装弾数を身体で覚えて9発撃ってマガジン変える。くらいが1番いい対応策かもしれないです
サバゲー中そこまで頭が回るかよ!って話ではありますが(
セーフティに関してはスライド引いてホルスターに仕舞うとふとした事で暴発してしまう恐れがあるので、撃つ直前でスライドを引いて撃つ。が一番のセーフティだと思われます。
初弾撃つまでがちょっと辛そうですが、安全に運用するなら仕方ないですね…
余談ですが中国版(?)トカレフ、54-1式拳銃であれば輸出モデルなのでセーフティあるんですが…まぁそんなマニアックな仕様は作らないですよね((

マガジンに関してですが前記した様にシングルカラムなので、ダブルカラムマガジンのホルスターに2本は入りますかねー(物次第)



評価

外観
見た目はHW樹脂で表面はちょっとザラっとした感じ
ソ連やる人にはいいアイテムですぬ。
パーティングラインの処理も流石KSCと言ったところ
★★★★★

精度
コレもいいですねー
トカレフは何度か撃ったことがありますが、屋外レンジ20〜30mなら確実に当たります。
調整次第、という事が前提ですがね?
ただ調節工具が必要になりますが、1度決めてしまえばしばらくはホップなんか弄りませんし、大丈夫でしょう…無くしたら他のKSC製品を買えばいいのです(阿呆)

★★★★★

撃ちやすさ
反動に関してはガツガツ来て楽しいですね!
スライドの動きも少し遅いような気もしますが、動きはいいですね〜
これもシステム7のお陰でしょう
★★★★★

総評
★★★★☆
KSC TT-33は★4という形になりました。
これは仕方ない事なのですが、マガジンの冷えやすさと冬に撃てるか否か。という点で-5でした。
…ガスブロ全般にも言える事ですし、ホントに仕方ない事なんですけどね?
ただ冬に確実に動作させて生ガス吹かさずに撃ちたい!ってのならホッカイロかマガジンウォーマーってのもあるのでそちらの使用でだいぶ変わると思います。
撃ってりゃ冷えますが(((

しかしながらこの条件だと夏は大丈夫なのですね。
…んじゃ★5でもいいんちゃうか?((
まぁまぁまぁそこは自由なので…w

でもいい物である事に間違いはありません…何よりパーティングライン(金型による成型時や組み立て時に出来る溝や出っ張り)の処理も流石KSCって感じですし、持っているだけでも楽しめる1丁となっておりますので気になる方はお座敷射的に是非1本いかがでしょう?

  


Posted by はる氏  at 19:48Comments(0)ガスブロKSCGBB雑記TT-33

2017年11月18日

LE装備関連

どうも皆さん、おはこんです。
次休んだら給料減らされる中の人です(ぉ
最近体調が頗る宜しくない…10~11月の間だけで20日以上休んでしまってます(╮´ω`)

…うん、この話は辞めよう心臓が痛い(
いや待てよ…?いっそのこと仕事を…?(阿呆


最近ようやく冬らしくなって来ましたね。
夜は特に気温が一気に下がってる気がします…サムイ!
あ、そろそろコート出さなきゃ…ウシャンカも活躍しそう。(※中の人の地域は言う程雪が降らない代わりに、急に寒くなる)


ウシャンカ被ったロシア系武装JKとかどうですかね!(唐突)
そういうの描きたい…しかし武装JKに持たせたいのが割とLMGとか多いんですよねー、別にSMGとかでもいいのにそういうギャップ的な何かって素敵だと思うの!!!
OTs-14とかPP2000とかなんか人気そうな、というか似合いそうな…UMPは定番ですもんね(そんなことは無い)


はてさて
ちょっと話はズレますが、コレはサバゲーしてて友人と話をしていて思った時の話です。
ワシ「そういえば君LMG欲しい言うてたよネ」
友「確かにLMG欲しいけど、なかなか手が出せない…」
ワシ「まぁ海外製とかは調節とかしなきゃいかんしなぁ…」
という事で当時あまりサバゲーや銃の種類とか知らない我々は何かしら無いかなぁ?と色々調べる訳ですね。
インターネッツって便利なモンで調べれば調べるだけ、M4にドラムマガジンとかボックス付けただけのも出てくるじゃァありませんか。
これならば、割といい精度の弾幕張れるし軽量だしマガジン交換容易やん?ってなりまして
…ぶっちゃけ弾幕張れるってだけでも充分な戦力ですもんね…今の銃ほとんど20mmレール付いてるからバイポットもポン付け出来ちゃうし?
手軽で持ち運びやすく安価であるSTDガンをLMG化!…とはいっても、中の色々な部品が早く消耗しそうなのは仕方ないでしょうが…こまめに点検するのが良さそうです。
一時期私もLMGカスタムと称したM4にドラムマガジン付けたどこぞの蛇さんが持ってたパトリオットみたいなの欲しかったですから(

ドラマグに1度は興味持つよね!?ね!?




さてさて…前回の記事で


こんな上着を買ったよ!って書きましたのでコチラの細かいレビュー?なんかをやっていこうと思います〜
LE装備にいいかなーって思って購入したんですねコレ。
約4000円弱だったのでつい…
ただ、いつかに書いた記事で私はDEAがやりたいと書いたのですが…ぶっちゃけPOLICEに路線変更してもいいかもしれませ…いやするかもしないし、しないかもしれませんよ??

背中のコレ(名前わからん)…がファスナー式になっていて外れるんです。
ちなみにですが…


POLICEの文字が書いてある背中のやつと、上着自体にベルクロが付いているので畳んで格納(?)する事ができます…自らの所属を隠すには必要ですね。
ファスナーがあるけど、中に誰もいませんよ?
このピラピラしてる部分が全面ベルクロ式のってあるのかな…自作も考えておきましょうかね…




正面から見て左側にも同じ様な作りのものがあります。
ちょっと小さい?かな
ファスナータイプなので背中同様取り外し、折り畳み可能です。

あれ…良く見たらぬこ様居るし(


そういえばなんですが、DEAパッチてあまり無いですよね。
FBI、SECURITY、POLICE、SWATが多いイメージ…売ってる所は売ってるんですが、在庫無しだったりなんだったりで結局買えねぇ!ってなります。
DEAの下にPOLICEって書いてるのは特に見ませんよね…レア物ですわねぇ
たまに見るのですが、オークションで手に入れたりとかの方が多い様です…ただDEAとPOLICEって組み合わせどうなんだ…POLICEなの…?まぁ警察系か(すっとぼけ)


で、前から見て右胸の方にバッジ?の取り付けられる様です
ピラピラに安全ピンタイプのバッジ、もしくは針刺して後ろから留めるタイプの物ですあれば付けれますね…コレは便利。
バッジてやっぱり安全ピンタイプが多いのかなー


ところで私のイメージするアメリカのおまわりさん(刑事とか捜査員とか)なんですが…

こんな感じです(
あとはポロシャツ着てアーマー着てて上着は羽織ってるだけで、ガンベルトに必要な物付けてるだけ。
ってイメージなんですよね…どう考えてもサバゲーマーですね、すいません(
多分NCISとかそういう系ドラマの影響ですね…
実際の写真見ると、かなりガッツリとアーマー着てたりしますよね。ポーチ類は沢山は付いてませんけど、アレが正しいみたいです。
この上着は捜査員風装備とかに使いますね〜

んで、おまわりさん系の武器…
ショットガンのイメージなのですが…私個人のイメージ的にはM870とかM1014、M1100辺りのショットガンが定着しています(バイオハザードとかそれのせい)
サバゲーだからいいんですけど…M11でもいいですよネ。
…待てよ?MP5でいいのでは?(

そういえばマルイから89式小銃のガスブロが発表されましたよね。
実を言うとかなり気にはなっています…ただ89式を導入したとなると、そのあとの装備に影響が出ますからなんだかなぁ?って感じですが…ただやっぱり気にはなるのが男のサガってやつ_( _´ω`)_
大人しくM4買って、LEでも海兵でも使える様なカスタムを目指すのがいいかもしれません…それなら米軍と演習中の露軍って脳内設定も可能ですしおすし。指摘マン?知らんな(銃床打撃)
とにかく楽しむのが一番強いんです((



今回はこんなもんでしょうか…あんまりなかったですね、すいません。
ではまた次回お会いしましょう、それではー  


Posted by はる氏  at 08:24Comments(0)雑記装備考察LE装備

2017年11月05日

マガジン修理 〜ガスハンドガン編〜

どうも皆様おはこんです、中の人です。
最近寒暖差が微妙過ぎて困惑しております…(;´Д`A

あとホビコムに登録したのですが、登録完了メールが届かず結局何も出来てないという…なんでや!!




最近サバゲーしたさが天元突破しそうです((
模型的な話はデコトラ組み始めました…が、後輪ホイルのメッキ剥がすために剥離に浸けてたら、浸けてた時間が長過ぎたのか穴が空いて使い物にならなくなりました…つらたん…



さて、今回のネタはといいますと…前回の記事で「入ってたマガジンからガス漏れ」と書きましたが以前私はM4のガスマガジンを直してたんですよね…
ただ、私が直したのはM&Pを買ってから暫く経って、M4を購入してからなんでガスハンドガンのマガジンなんて直し方知らんかったんだと思います。
調べりゃ良かったな…反省



という事で!!

今回はモスボールにぶち込んだマガジンを回収して、全部分解してまたバスコーク(※M4マガジン修理の記事を参考)ぬりぬりしてみます。
ただマグバンパー外してモスボールにしたんで、それも探さなきゃならんですねぇ…どこ行ったんやろか?




とりあえず、という事でまずは1本。


マグバンパーが見事に欠落ゥ!
まぁコレは私が外したからなんで問題は無いです
※この後FDAカラーのマグバンパーを無事に発見しました。
外見は今までのマルイと比べて多少質感がちがいますよねー…好きな質感です

じゃ早速バラしていきませう〜


まずは

〇の中のピンを抜きますが、この時注意するのはピンの方向です。

下を抑えながらピンを抜いていきましょう。
その方が綺麗に抜けますし、部品の紛失は避けられます。
ピンをよく見ると片側が太くなっていますが、この太い部分から抜ける様にすると抜きやすいです。
入れる時に太い部分からは入らないので注意。


一応ですが、私はマガジンの完全分解なのでマガジンリップの部分も今回は外してみましたが、この辺りは異常無しでした。

BBフォロワーとバネは下側から予め抜いておくと破損、紛失の確率が下がります…簡単に抜けるので抜いておいた方がいいですね。※自重では落下しません(((
そこまで複雑な中身ではないのでやりやすくはありますが…部品が小さかったり組み間違えば何かしら悪影響あるので向きや場所は確実に覚えておきましょう。



そして原因と思われ…というより原因でしかない部分です。
よく見ると、Oリングになんか付いてました…なんかのゴミ…かな?
それよりもこの部分に付いてるOリングは少し小さい又は、細い様に感じますね…もう少し太くてもいいと思うのです。
※恐らく赤枠部分のOリングがシールの意味をあまりなしておらず、それが原因であると想像されます。



という事で対策〜

先程の赤枠部分のOリングの周りに…

M4マガジンの修理で使用したバスコーク先生に再度登場頂きました。
バスコーク先生についての細かい説明はM4マガジンリペアの記事を参考にどうぞ( ˇωˇ )
※地味に固まって先っぽ詰まってた!!




これを

こんな感じでぬりぬりします。
M4と同じ事を書きますが、気泡入らないようにしてくださいねー。



元通りに組み直しますが、バスコークが乾くのは2,3時間くらいなので暫く放置…するのですが、コーキング剤なので1日は置いた方がいいですね。
…してる間にモスボールにぶち込んだほかのマガジン探しておきましょうか…


モスボールから2本目も発見したので修復して、1日後…



両方修理してガスを注入してガス漏れチェックします。
ちなみに、先に修理した方にFDAを履かせています。



…両方合格でした。
ココで漏れたら外してまた塗ります…バルブから漏れたらシールテープ巻いたろ。

で、ココでちょっと思いついた事が…
「マガジンに番号書いたら良くね?!」
という話(



やっぱり皆書くよね!
…え?書かない?嘘やろ…?
というワケで
2本修復したのでM&Pのマガジンは所持合計4本という事になります。…これだけあれば充分ですね〜


マガジンは修復出来たので、買い足す必要は無くなりました…またお金掛かるのは嫌ですからねー(クリスベクターのマグを見ながら)
マガジンの心配はとりあえず解消〜(ง˘ω˘)ว







ここから少しだけLE装備品関連で少しだけ進捗があるので、書いていきます


近所の古着屋に少し気になるモノを見付けたので、ちょっと細部やらを見ていい物でしたので買ってしまいました…ホントはズボン見に行ったのにな( ˇωˇ ;)


コチラです


…上着ですねー
ポリスのパッチ…って言うのかしら…それがファスナーになっていて取り外しも可能な様です。
細かい話はまた書きますので是非〜
あっ…DEAのパッチ買わなきゃ…



今回は短い記事でしたが、この辺で!
ではまたー
  


Posted by はる氏  at 20:58Comments(0)ガスブロガスガンM&P9マガジン修理

2017年11月03日

東京マルイ M&P9 V-custom

どうも皆さん、おはこんです。
もう11月なの(驚愕)
一年ってあっという間に終わるんですね…歳はとりたくないもんです_(:3」∠)_
例によってまたいきなり寒くなるの本当勘弁しちくり〜



この時期になると眠くなりますよね、本能的なモノなのですかねぇ…冬眠したい_(:3」∠)_
最近絵描いてねぇなぁ…と思いながらそんな事を考えている中の人です。
…マイクラ久々にやったら楽しくて時間忘れてるってだけなんすよね(((阿呆)
1人でゲームをするのがあまり好きではない私が、3時間1人で黙々とやってたゲーム(ヴァカ)…普段あまりゲームはしないのですが、マイクラは自分で作れるのでそれが楽しいのかもです。レッドストーン回路とか、装置類の動きを考えるの楽しい。
うーん、しかし絵も描きたい…







さて、本題〜というか、前回の記事でM&P9のリベンジレビュー(?)的な物をしていきます。と書いたので、それをやっていきます。…ネタ切れじゃないし!!真面目だし!!!
前回のはガバガバ過ぎてレビューになって無いような気がしたので、改めてやってみようかーってなった次第。
購入自体は去年くらいかな?



とりあえず外観〜

実銃もポリマーフレームらしい…というかポリマーフレームか(((
最近流行りの人間工学に基いた云々…
前にも言いましたが、ポリマーフレームの銃ってあまり興味は無くて…ただ実際に持ってみると『なるほどなぁ』ってなるので食わず嫌いってのはアカンと勉強させられました。とにかく握りやすい、撃ちやすい。



購入当初は純正バレルでした。
これでもよかったんですが、ちょっと雰囲気…というかオシャレしたくなったのです。





カスタム後がコチラ

机が散らかってて申し訳ない
アウターバレルはネジ付きにしてあります。
スライドは純正そのまま…メタスラにする気は無いですねぇ
ていうかやりたくない((

アウターはデトネーター製品。アルミかな…?
スライドを引くとアウターのおかげで心地よい金属音がします。
ただしサイレンサーを付けていると、スライドに触れている面が多い為か微かな金属音です。
サイレンサーを外すとその分前重量が消えるので本来の心地の良い金属音が響きます。
メタルスライドにせずともこのカスタムだけで割といい感じです。オススメですぞ〜
※中の人はメタルスライドの使用定義が曖昧なので基本的にカスタムには使っていません。ハーフメタルは違法と聞いたこともありますし。





だいたいこのくらいバレル先が出るので、銃全体としての全長が多少伸びます
定規当てて気が付いたけど、割と出るんだなぁ…
もちろん、ショートリコイルするので、ちゃんと後ろに下がります。下がった時がだいたい純正アウター(スライドが戻っている状態)くらいの位置…かな?






しかしまぁー今1度見ると…よう出来てるモンです、ちゃんとライフリングまであるなんて。
…まぁ純正アウターにもありますけどね。(そういえば純正アウターどこ行ったんだろう…)
奥まった位置にインナーバレルが来ると、雰囲気的に盛り上がる。




リア、フロントサイトをよく光る…というより、発光している時間が長いサイトに転換しようかな?
※画像はiPhoneのライトを数秒当てただけの輝度
マルイのもいいけど、気分的に発光時間が少し短い気がします。あとは低いのは仕方ないとして、嵩増しサイト付けたい(あれば、の話)



グリップパネルは見ての通り、Lサイズを装着…Lサイズが一番しっくり来ました。(素手の場合なので、グローブ等を装着したらどうなるかは不明)

それから…スライドを引いた時に感じる引っ掛かりが多少気になったので、その辺も弄れたら弄りたいですねー…個体差かも知れませんが…(純正アウターでも同じ感覚あり)

サイレンサー付けない状態だと


こんな感じです。(多少写真を加工してあります)
サイレンサー自体は500円くらいのワゴンセールで買ったモノ…何のサイレンサーなんだろう?14mm逆ネジっぽいけど…うーむ?
ていうかライトを付けてても入るホルスター欲しいな…サイレンサーは外しててなきゃ折りそう(



サイレンサー装着
どうしてもサイレンサー付けたらバレルが若干下向いちゃいます、前に重さ掛かるから仕方なし( ˇωˇ )
しかしながら動作は安定(空撃ちの場合)していて、ブローバックの途中で止まるような事はありません…が、マガジンは多少温めて使うと安定した動作になるでしょう。
BB弾がサイレンサー内で跳ねたりしないことを願いますが…果たして…
こうしたパーツを付けた場合、寒い時は外して使用した方が安定するかもしれません…ガバも似たようなカスタム…もちろんブローバックを安定させるパーツも組んだのですが、ダメでした。
リコイルスプリングガイドも入れたんですけどねー…


E2の落書きは名前書いてある様な感じだと思ってください…と言ってもどっかの部隊や、組織の物である。的な雰囲気出せたらなぁと思って書いたモノなのでコレはコレでいいかなーと
(E2の意味自体はEnjoy×2だったハズ…自分で考えたと思うが忘れてる)




セーフティなんで片側無いのか?
だって?


…そう、あれは夏の暑いh(以下略)
※本当は夏ではなく冬

セーフティ折れちゃったんですよー…ただ片側は生きているので「セーフティ自体がなくなった」という訳ではないですし、使えるから問題なし。
気分的にあまり気持ちよくはありませんけどね…人差し指で解除できますが、慣れないと死ぬほど不便だし使いにくい(半ギレ)
会敵した時とか咄嗟に解除出来ぬ…ガーダーあたりのスティール品に交換しようかな…


実射はまだなので、フィールドとかで調節しなきゃですね…どの位当たるかも未知数ですし。
マルイだから問題ないとは思います(慢心のポーズ)

M&Pの全体的としては…というよりかなり気に入っているのですが、不服な面があるとすれば購入当初入っていたマガジンがガス漏れした事ですかね
…原因も結局分からず終い…しかも治らず用途廃止送りになりました。
個体差があるかもしれないので一概には言えないのですが…_( _´ω`)_
ちなみにですが、Vの方は本体色と同じカラーのマグパンパーが一個付属しますので気になる方は色を同じにしてもいいですね。


気になる評価ですが…私個人が思った感想や扱い、問題等を適当にやっていく初心者の方や今から買おうかな?と思ってる方の参考程度になれば幸いです。



見た目
☆☆☆☆☆
これはもう納得ですね…新しい銃だけあってカッコイイです。
黒色もカッコイイですよねー…LE装備用に欲しい。


スライドの刻印に
STAINLESS
の刻印がありますがプラスチックなんで大丈夫です((
スライド後方より見て右側銃口付近の刻印は
SMITH & WESSON
SPRINGFIELD. MA U.S.A
となっております。
パーティングラインはこの際気にしません((


扱いやすさ(ホールド感、照準、撃ちやすさ)
☆☆☆☆☆
個人的な話なんですが、今まで買ったことがある中ではトップクラスに握りやすい!ってのが一つと、ラバー製のグリップパネルが3種類付いていてサイズを好みに出来る点もいいですよね。
S・M・Lの3種類ですが、手が大きい人はLでも小さく感じてしまうかもしれませんがじっくり両手で狙う(?)場合は十分だと思います。
照準に関して言えば最初からナイトサイトが装着されているのはいいですよね。あとは日光で光るヤツ…ハイブリッドサイト?でしたかね、便利です。
撃ちやすさに関して言えば、ブローバックも機敏で素早く次のターゲットを狙う事が出来ると思います。
早撃ちもいけるとおもいます。

取り回し
☆☆☆☆☆
これもいいと思います
個人的にはかなりいいと思いますが、私のカスタム品はライトのせいで重量増しになってます(外せば大丈夫)
重量も625g(空マガジン)ですので、男女問わず扱いやすいと思います。
全長もそんなに長くはないのでシューティングマッチでも扱いやすいかも?

メンテナンス性
☆☆☆☆
コレはやっぱりホップ調節ダイヤルの位置ですね…このモデルは、ホールドオープンさせた状態で調節できるようになっているのですが、誤ってスライドストップを解除してしまいそうになるのが困りモンです。
ただ今まで一々スライドを外してた事を考えればかなりやりやすくはなりましたよね。

慣れれば…という感じ

拡張性
☆☆☆☆
20mmレールが標準装備されているので、ライトなども簡単に取り付けできます。

モノ次第かもしれませんが、多少キツめなので脱着する時は注意が必要です。そこが少し困った点です

硬性
☆☆☆☆
ちょっと気になったのは、トリガーの下側がプラなので破損が怖いなーって所が一つ

手荒く扱ったりしない限りは壊れる事は無いと思いますけど…
全体的な硬性は高いです、スライドとフレームの間にあるガタも必要最低限になっていて必要以上にガタガタ動いたりとかっていうのはなさそうだと感じます。
あとはスライドを引く時に多少引っ掛かりを感じる点ですが、コレは機構上仕方ない事みたいなのでバネか何かを交換したら解決するそうですねー。

グロックみたいなローラー方式…ここであれ?ってなったのは今までのマルイ製品を見ていると触れてる面はそこまで磨いて無かった様に思いますが、コレは触れる面が鏡面仕上げになっています。




〜総評〜
雰囲気、射撃共に満点ですね。
空撃ちのみなので、命中精度はまだ分からんですけど…
メンテナンスに関しても普段分解してスプレー吹く程度であるならば無問題でしょう。
全体的なバランスもとてもいいので、シューティングマッチにも向いてると思います。マイクロドットも社外パーツを組み込めば載せられるそうなので、是非。
私個人の感想としては初心者でも経験者でも、どちらとも使えるいいガスガンだと思うので購入の参考になれば幸いです。



また次回お会いしましょう。ではまたー
次にはKJ Mk1辺りを紹介できたらいいですねぇ。

※17/11/04更新
最後の方、カスタムウンヌンカンヌン書いてある文の所と同じ画像ですね…とりあえずそのままにしておきます(;´Д`A  


Posted by はる氏  at 19:02Comments(2)ガスブロガスガンカスタムM&P9

2017年10月22日

続・鉄砲考察

どうもみなさん、おはこんです。
最近ちょっと更新多くね?な中の人です…放置してるよりいいよね!
そういえば…カメムシ警戒情報なるものが発令されてたんですが初めて…というか、そういう警報があるのさえ知らなかったマンです((
※主に農家に向けての警報?らしいです。虫害とか対策しといた方がいいですよー的な?
でもカメムシニキあんまり見なかったなぁ…場所によるのかな?
あと最近気温が下ってきたので少しサバゲしやすくなったのではないでしょうか?7~8月(こちらは10月くらいまで30度の時期とかありましたけど…)のクッソ暑い時期よりはいいでしょうねぇ…ガスが大人しくなってしまいはしますが…



前回の記事投稿したら1日で100人以上の方にお越しいただいていたようで…ありがとうございます、引き続きよろしくお願いします。




さてさて今回は少し手早く…というか、前回の記事で元となる銃器選定をしていませんでしたね。
いくつか候補が上がったので、条件、理由等を踏まえて書いていきますよ。
で、今回の場合次世代は使用せず…というのも次世代の中身が分からないんですねー…


※注意
以下は中の人の偏見と想像による考察であり、無知を承知で書いているのでそこを理解して見てください。

以下は実際に握ったり、手に取った事がない物も含まれているので気を害した方は申し訳ありません。

以下はそれぞれを馬鹿にしたりする物ではありません。

以上の事を理解した上で見ていってください。




候補1.SR-16(マルイSTD電動ガン)
なぜSR16?と申しますと

・後ろ配線
・比較的弾道が素直

まぁ二つ目はマルイだから!って感じですが…
ただし

・付けたいストックの形状だと、後ろ配線だとしてもラージバッテリーが入らない
・古い機種なので、新品が手に入るか分からない
・首周りの弱さ

が、難点となりそうです…しかし首周りに関してはメタルフレームにしてしまえば解決できるような気もしますねー
バッテリーは外に配線出してしまうかどうかしないと接続できそうにありません。


候補2.東京マルイ、スタンダードM4A1
理由としては

・入手しやすい
・カスタムが容易
・前配線
・扱いやすい

ですね。
扱いやすい、ってのはバッテリーの事です。
前配線ならば最悪バッテリーをPEQとかにぶち込めるから…ただし、この場合は横にもレールの増設が必要
カスタムが容易なのは言わずもがな、カスタムパーツが豊富に存在している上に割とポン付け出来るものが多いという点

あ…M4A1STD使う場合は伸縮式銃床、固定銃床の両方組めると思いますね…前配線ですし。
ウナギバッテリーが使えれば一番いいのですがねぇ…

候補3.VFC M4A1(STD)
理由
・フルメタである事
・強化メガボックスになっている
・低価格

ただし

・海外製品なので1回はOHが必要
・対応しているマガジンが必要
・ロックナット(?)が非常に固く締まっている

等色々ありますが、おそらくVFCのM4が一番いいかもしれません…値段もそこそこですし?
カスタムベース向きでもあるらしいですからねー
マガジンは…調べてみますかね、色々あるとは思いますけども。
あとはギアクラッシュに気を付けねばなりますまいて…ギア入れ替えてもいいですし、ギア受け軸をベアリングにしたらむしろその方がよく飛ぶかもしれないですよねー。

さて…ここまで候補上げましたが全部電動なので、一応GBBでの候補もいくつか上げときます。


候補1.KSC M4A1 Ver2 GBB
理由としてはもう申し分ないくらい決定版であるとしか言えないです(((

1.動作リアル
2.マガジンが(割と)手に入りやすい
3.部品の供給がある

ってトコです
ただし

1.少し手に入りにくい本体
2.カスタムの幅が不明(勉強不足)

くらいですかねー
KSCのは割とカスタムベースにされてる方…というか知り合いの方もKSCベースにしてたので、いいのかなぁ?と…
ただし、Ver2でないとレール部分かま不安ですのでver2を選択します。

候補2.東京マルイ M4A1 GBB(MWSでもいいかな?)
これはガワを弄らない場合、です。…ガワ弄りたくないので(めんどくさいだけやろ)
が、私のカスタム前提が
ただ撃ちまくれる銃が欲しい!
なので、これでもいいよねー。って脳内軍拡会議してました

理由
1.マガジンの供給が安定のマルイである事

…理由がマガジンだけってどうなの(
バレルは転換できるらしいですけどねえ…Mk18化した方もいらっしゃるみたいですし?
ただし問題とするならば

1.中身がイマイチリアルではない

という点上げはしましたが上記にあるように「撃ちまくる、当たる鉄砲」ならばこの条件にはあたらないですよねー
むしろ条件はいい意味で合致してますネ
うーん、もしかしたらマルイM4が一番いいのかなぁ…?
ストックは伸縮式になりますけど、それはそれでいいか



中身はこの際どうでもいい!
とするのならば
バッテリー位置も考えなくていい、ストックが自由に弄れる、カスタムベースにいい(ただしメーカー保証は消える)、マガジン供給が充分ある、部品やメンテナンスが容易…
ってなるとやっぱりマルイM4 GBBかもしれません。
中身をリアルに…と考えるのであれば断然KSCでしょう。
KSCはガスの中でも飛ぶほうだから候補に入りました。
…WEやWAも考えてみたんですが、どうにも条件とは合致せず…と言った所がやはり候補から跳ねた理由です。
たしかにカスタムベースやパーツは割とある方だと思うのですがねー
マガジンが漏る(


冬も使いたい!って時は最悪マガジンウォーマーマンになるのでいいんですからねー
ただし、電動の様にガスはマガジンもそんなに種類が無いのがネックです(P-MAGとか)



ただ私が前の記事に書いたようなストック(SOCOM スケルトンストックというらしいです)のガス用が無い。ってのが難点です…電動のしか探しつかなかったですよう_( _´ω`)_
ガスは必然的に、ソリッドストックか伸縮式銃床になりそうです。

それであの銃床を色々調べてみたのですが…肩当ての部分(銃床を体に当てる所)がパカっと開いてバッテリーぶち込めるそうです( *˙ω˙*)و
いやぁ…勉強不足を痛感しました…よく調べなきゃダメですね…反省

で、これなら後方配線のモデルが有利になりました…というとやはりSR16を中身だけ抜いてメタフレ化するしかないのでは…?って思っていたのですが、電動ガンってやりようによっては後方配線も可能なんですよねー
メカボ開ける必要はありますが、ついでに硬性の高いギアに変えることもできますし、ピストンも交換すれば動作も良くなるでしょうから…
中身はあまり弄りたくない人なので何ともですが…あ、それと端子も替えなきゃ。
この様子だとSR16が一番の候補かなぁ?
中身が一昔前のだから不安というか、なんというか…



ちょっとSR16→マイAR(名前は未定)になる様を考えてみたので見ていただきましょう(適当)



こちらがSR16(モドキ)になります。
※細かい部品等は似た物を使ってますので悪しからず…
※フレーム類はナイツ品が無かったので適当です。
ベース。というよりは…取った部品で新造!になってしまいそうな気しかしませんね(
古い鉄砲なんでメカボックスも弄りますし、ホップチャンバーまわりも交換する予定ですよい。

そしてそして

マイAR!(仮)



前の記事で書いた通りです!(手抜きやめれ)
全体的にはこんな感じで握り込めるタイプのハンドガードを付けます…けどこれ孔があるって事は裏からネジ止めすればレール付けれますよね?(

それから…



ドットサイトも載せるといい感じですね…ガワはメタフレ化して、メカボの中身は動作と射程重視な物に仕上げたいなーという感じです。
頑丈にもしたいなー
ま、実際組んでないのでどうなるか、という所です…メカボ弄ったら初速も変わって来ますからねー
あとはギアクラッシュ対策も必要ですから、加工とか…むぅ、大変そう_( _´ω`)_
でもそれよりもKJ Mk1 のカスタムからしなきゃ…たぶんなんですが、Mk1から先にカスタムしていくと思いますんで、カスタム次第書いていくのでもし何かの参考になればどうぞ〜(いくつか前の記事にて、Mk1 サイレントスナイパーモデル、的なのを考えてました。)
あと今後の予定としては、ガバガバレビューだったM&P9をカスタム後レビューしたいと思いますよ〜

それと最近気が付いたのですがこの私のブログ、総計?累計?で1万人の方に閲覧して頂いたんですね…ありがとうございます。



今日はこの辺で、ではまたお会いしましょう。
さいならー  


Posted by はる氏  at 19:47Comments(2)カスタム長物雑記銃器考察